Saturday, July 22, 2017

クレイジーピッグの地下工房便り~ボーンハンドリング

クレイジーピッグは1992年の開店以来、商品は店舗内の地下工房で仕上げるスタイルを貫いてきました。

地下工房では宝飾品製作のエキスパートである職人たちが最高品質のジュエリーをお客様にお届けすべく精進しております。

そんな地下工房から、クレイジーピッグ不朽の名作『ボーンハンドリング』の仕上げ前後の写真が届きましたので紹介したいと思います。

鋳造(型に溶解した銀を流し込む作業)を終えたリングは、熟練職人によりサイズ調整や気泡の跡などを取り除かれたのち、薬剤で真っ黒にされます。真っ黒になった指輪は粗磨きされ、滑らかな表面に仕上げられます。

粗磨きというと、どことなく適当な感じがしますが、ここでどれだけ丁寧に作業をするかがその後の完成度に大きく影響します。

この時、黒い部分は上の画像の左下にある指輪のように、鏡面といぶしの黒い部分のコントラストが生まれます。

丁寧で正確な下磨きを終えたら最終仕上げです。この作業で自分の手が真っ黒になる代わりにその手にあるクレイジーピッグの作品が眩いばかりに輝きだすのは職人冥利に尽きる瞬間です。

クレイジーピッグ公式オンラインストア の商品は、このようにお客様のご注文をいただいてから熟練職人が手作業でお客様のために仕上げ発送する、まさにお客様のためのジュエリーです。
是非ご利用くださいませ。

No comments:

Post a Comment

Crazy Pig Designs のご購入等に関するご質問は、公式オンラインストア日本語問い合わせ窓口にご連絡くださいませ。
アドレスはこちら → goo.gl/hLm9wZ