Saturday, October 21, 2017

究極のスカルジュエリー再び!

クレイジーピッグのアーマンド・セラの作業机から興味深い写真が届きました。

今年の3月4日にお披露目された一点モノの作品、本物の骨を削りだしたスカルとシルバーやゴールドを組み合わせた究極のスカルジュエリー、このシリーズの続編を制作中とのことです!

既に彫り終えたスカル、アーマンド・セラの手で本物の骨から削りだしたスカルは、シルバーやゴールドの兜などが組み合わされ、同じものは二つと存在しない究極のスカルジュエリーとなる予定です。

この作品は事前のご予約等はお受けしておりません。
発売時期などは 本ブログFacebook, Twitter 等でご案内いたしますので、楽しみにお待ちいただければ幸いです。

Monday, October 16, 2017

クレイジーピッグ公式 Facebook ページ 日本語版を開設いたしました!

世間の流れからはかなりの周回遅れの感はありますが、かねてから多くのご要望をいただいておりました クレイジーピッグ公式 Facebook ページ 日本語版 を開設いたしました。
手元にある作品やロンドンで撮影した写真などを紹介していきたいと思っております。
他のメディアと同様、更新頻度は緩やかだと思いますが、温かく見守っていただけたら幸いです。

Saturday, October 14, 2017

新作スカルバングル!

今回のクレイジーピッグ新作は、スマートな『スモールスカルバングル』です!

チューダー調の装飾を組み合わせた小ぶりなスカルをバングルの両端にセットしました。
直径五ミリのシルバー製の丸線なので、性別問わず日常的に着用できそうなデザインです。
男性であればスーツの袖口に忍ばせ商談に挑んでみるのもクールかもしれません。
女性の皆様はゴールド製のバングルをイヴニングドレスに合わせて特別なパーティーに…

厳つくハードなだけではない、それでいてロックなテイストは失わず大衆に迎合しない、まさにアーマンド・セラのデザインの魅力が形となった作品です。
ご覧の通り、シンプルでありながらさりげなくスカルがその存在をアピールします。

『スモールスカルバングル』 は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は下記をご参照ください。
 - ONLINE STORE > NEW
 - ONLINE STORE > BRACELETS > SKULLS



Tuesday, October 10, 2017

オパール - 無数の彩りに満ちた石

10月の誕生石とされるオパール、その魅力はなんといっても同じ石は二つとない、七色の輝きではないでしょうか。

地球の大地の奥深くに眠っている鉱物が宇宙のはるか彼方に存在する星雲の如く無数の彩りを秘めているというのは、どこな不思議な感じがします…
私が7年位前にロンドンのクレイジーピッグ地下工房で仕上げた『ストーンエイジスカルリング』と『アールヌーヴォーストーンリング』
どちらも日本のお客様の元へ旅立っていったそうです。
オパールはデリケートな石で、大きな石は特に繊細な作業が要求されるので、慎重に作業したことを今でもよく覚えています。
 
クレイジーピッグ店舗内のキャビネットの一角、贅沢にオパールをセットした作品が並びます。
光の加減や見る角度で様々な色に輝くオパールの神秘的な美しさは、クレイジーピッグでも非常に人気があります。
 
10月生まれではない方も、この神秘的な石をご自身のクレイジーピッグ・コレクションに加えてみては如何でしょうか?
 
オパールをセットしたジュエリーは クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承っております。是非ご覧くださいませ。

Friday, October 6, 2017

鏡に映る瞳、その色は…

コヴェント・ガーデンのクレイジーピッグ地下工房から素敵な写真が届きました。

シンプルな目の台座にブラウン・キャッツアイをセットした『ラッシュアイ・リング』がクレイジーピッグ製ドッグタグに映り込みこちらを見つめる、どこか文学的な美しさが薫る一枚です。
(個人的には DREAM THEATER の「AWAKE」のジャケットを連想してしまいました…)

この写真の舞台は地下工房の作業台の上です。
クレイジーピッグの作品はすべてここで仕上げられ、お客様にお届けしています。
職人とはいっても、クレイジーピッグの地下工房の面々は、単に仕上げ作業を行うだけではないアーティスティックな感性を持つメンバーです。
彼らは、仕上げ後に”何か”を感じた時はこのような写真を撮影して楽しんでいるようです。


『ラッシュアイ・ペンダント』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
ヒューマン or キャッツアイ、瞳の色を選択可能です。
詳細は ONLINE STORE > PENDANTS > EYES をご参照ください。

Monday, October 2, 2017

新作! - Stargaze Stone ring

クレイジーピッグファンの皆様、お待たせいたしました!
待望の新作情報です!

今回に新作は『Stargaze Stone ring』と名づけられました。
かわいらしい、星をモチーフにしたストーン・リングです。
星の先端をツメ代わりに石を抑える、かわいらしいアレンジです。いくつかの星には手作業によるテクスチャが与えられており、地金がランダムに輝くよう工夫されています。
写真では深い青色に見えますが、このリングではアメシストを使用したとのことです。他のストーン・リングと同様、ガーネットやオパール、ヘマタイトなど様々な天然石を選択可能になる予定です。

本作品の詳細はまだ明らかになっていませんが、情報が更新されましたらあらためておしらせしたいと思います。

Wednesday, September 27, 2017

9月27日…あれから31年

今から31年前の今日、当時のメタリカのベース・プレイヤーだったクリフ・バートン氏が悲劇的な交通事故によりこの世を去りました。

クレイジーピッグのアーマンド・セラはクリフ・バートン氏と音楽(特にレイナード・スキナード)やアーマンドのジュエリーを通じて大変に親しく、事故の数日前にも会って話をしたそうです。
その日は、クリフがアーマンドから購入して愛用していた『ウルフリング』と、アーマンドが着用していた当時の新作『ルシファースカルリング』を交換した日でもありました。

こちらがアーマンド・セラの自宅に大切に保管されている、クリフ・バートン氏の形見のウルフリングです。
傷だらけで鈍い輝きからは、当時のクリフが肌身離さず愛用していたことが窺い知れます。
これまで 1000 を超えるデザインを生み出してきたアーマンド・セラにとっても、このウルフリングは最も大切なデザインの一つだそうです。

9月27日、アーマンドにとって、若き日の友人との思い出を懐かしむ日であり、心が痛む日なのかもしれません…

Saturday, September 23, 2017

高貴な青い石サファイア

深い藍色でありながら透明感もあるサファイア、この高貴な石は九月の誕生石とされています。

古くからダイヤモンド、ルビー、エメラルドと並び価値ある宝石として珍重されてきたサファイアは、クレイジーピッグでもビスポークジュエリーに使用されることの多い石でもあります。
額にダイヤモンドをセットしたプラチナ製の『スモール・イーヴルスカルリング』の両目にサファイアをセット、落ち着いた色味で優雅な魅力に溢れています。

サファイアはダイヤモンドに次ぐ高度を持つ宝石で、靭性にも優れた非常に耐久性の高い石ですが、硬いものにぶつけたり、他の指輪と同じ袋に入れて保存するといったことは避けるようご注意ください。

サファイアを用いたビスポークジュエリーの制作をご希望のお客様は クレイジーピッグ公式オンライン日本語問い合わせ窓口 までお問い合わせください。

Tuesday, September 19, 2017

クレイジーピッグのスカルウォレットチェーン

ハードなシルバージュエリーがお好きな方が特に手に入れたいと思うアイテムは、ウォレットチェーンではないでしょうか。
精巧な細工が為されたパーツを連結したウォレットチェーンは、着用する者にしか分からない重量感と満足感を与えてくれます。

クレイジーピッグでは様々なデザインのウォレットチェーンを用意していますが、今回は代表的な三種のスカルウォレットチェーンを紹介したいと思います。

左から『スカル&リンクウォレットチェーン』『グリンスカルウォレットチェーン』『モナステリィスカルウォレットチェーン』、こうしてスカルだけを並べてみると、その顔つきだけではなく、大きさにもかなりの違いがあることがよく分かります。

各ウォレットチェーンのスカルを横から撮った一枚、スカルの後頭部や連結部のアレンジなどの違いがよく分かります。

スカル&リンクウォレットチェーン:

アーマンド・セラも長年愛用する、クラシックなデザイン、この三種類の中では最も大きなサイコキラー調のスカルは、エッジの立ったデザインでクレイジーピッグの魅力に溢れています。スカルと交互に配されるリンクはこのウォレットチェーン専用のデザインです。

グリンスカルウォレットチェーン:

半人半機のような近未来的デザインのスカルはこの三種の中では中間の大きさ、スカルの大きさと連結部の長さ、重量のバランスが良く、非常に使い勝手の良いデザインです。他にはないスカルをお求めの方にお選びいただきたいデザインです。

モナステリィスカルウォレットチェーン:
 この三種の中では最も小ぶりながら最も重量のあるスカル、連結部も分厚くウォレットチェーン全体でその重量感を味わえます。スカルが小ぶりな分、着用時に腰から下がるラインがスムーズで美しいのも特徴です。

スカルウォレットチェーンは クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > ACCESSORIES > WALLET CHAINS をご参照ください。

Friday, September 15, 2017

クラシックな魅力

40年近いスカル・ジュエラーとしてのキャリアを積んできたクレイジーピッグのアーマンド・セラは、名作『イーヴルスカルリング』を筆頭にこれまで多くのスカルリングを生み出してきました。

この中でも『サイコキラースカルリング』と『レモラスカルリング』はハードさの中に繊細さを秘めた、アーマンド・セラらしいスカルリングとして多くのお客様に長い間愛され続けてきました。

サイコキラースカルリング:
自分用に、とにかく凶悪な面構えのスカルリングを作ろうと思ったんだ」とアーマンド・セラが語ったように、漫画チックな怒りの表情に野獣のような角張った顎が最大の魅力のこのリング、実は意外なほどにやさしい着け心地です。
とある大物が愛用し、競売にかけられた" ことでも世界的に注目を集めた作品です。

『サイコキラー』というスカルリング史上最もクールといえるこの名は、トーキング・ヘッズの『Pyscho Killer』が由来とのことです。

レモラスカルリング:
伝説となった暴走ロックの将軍、故レミー・キルミスター氏のために製作したこのリングもエッジの立った荒々しい初期の魅力に溢れたデザインです。
こちらも指になじむスムーズな着け心地で、永く愛される優れたデザインとは見た目の美しさはもちろんのこと、如何に実用性も重要かを教えてくれます。

一時は生産終了の商品として表舞台から姿を消していましたが、"多くのご要望にお応えして復活" を果たしました。

この二つのスカルリングは『イーヴルスカルリング』と共にこれからも多くの人に愛され続けることでしょう・・・

『サイコキラースカルリング』&『レモラスカルリング』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承っております。
詳細は ONLINE STORE > RINGS > SKULLS をご参照ください。

Sunday, September 10, 2017

アーマンド・セラの月面への旅

クレイジーピッグのアーマンド・セラはスカルや美麗な装飾、ストーンは勿論のこと、コミカルなスタイルも得意にしていることはファンの間ではよく知られていることでしょう。

『Rocket on the Moon Pendant』もそんなアーマンド・セラによるデザインの魅力あふれる作品です。
月面にロケットが突き刺さるというユニークなデザインは、世界初の SF 映画といわれるフランスの『月世界旅行(A Trip to the Moon/Le Voyage dans la Lune)』のワンシーンから着想を得たようです。フランス出身のアーマンド・セラも少年時代に何度も観た作品なのでしょう。(彼が生まれるよりもずっと前の映画ではありますが)
 
とても痛そうです…が、同時に笑いもこみ上げてきそうです。
その昔、アーマンド・セラの"超秘密"デザインノートを見せてもらった時、この作品のラフスケッチがありました。面白いな、と思いましたが、まさかそのままペンダントになるとは思いませんでした…

『月世界旅行(A Trip to the Moon/Le Voyage dans la Lune)』

何に縛られることもなく自分の作りたいものを作る、そんなアーマンド・セラのスタイルが如実に示された作品ではないでしょうか?

Wednesday, September 6, 2017

クレイジーピッグの「フルール・ド・リス」シリーズ

フルール・ド・リス - フランス語でユリの花を意味する紋章はフランスやイタリアのフィレンツェなど王家や貴族を中心に長く愛されてきたデザインで、その優雅な曲線で構成される官能的な形状はジュエリーにも多く用いられています。

クレイジーピッグでもそんなフルール・ド・リスのアイテムを多数用意しておりますが、今回は他にはない、ちょっとユニークなフルール・ド・リスのリングを紹介します。

右手中指 - 『チューダー・フルール・ド・リス・リング』
右手薬指 - 『シールド・フルール・ド・リス・リング』
左手中指 - 『シグネット・フルール・ド・リス・リング』
左手薬指 - 『クリスタル・フルール・ド・リス・リング』

このように並べた状態で着用した画像は、それぞれの大きさや個性の比較がしやすく、アイテム選びの一助になれば幸いです。

『フルール・ド・リス・リング』シリーズは クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > RINGS > FLEUR DE LYS & TUDOR をご参照ください。

Friday, September 1, 2017

クレイジーピッグ流の優雅なクロスペンダント

「クロス/十字架」は文字通り、棒状のものが十字に組み合わさった形状で、ジュエリーデザイナー達にとっては、その制約から如何に自分らしさを表現するか試されるようなモチーフではないでしょうか?

今回紹介する『X Large Classic Cross pendant』は美しい建築や装飾、図案や文様が日常に溢れる欧州のエッセンスを取り込んだ、アーマンド・セラ流の優雅なクロスペンダントです。
 クロスの先端は優美な曲線で構成されたユリ紋、フルール・ド・リスが配されています。写真だと少し分かりにくいのですが、先端に向けてひろがる曲線は非常に豪華で、大きなユリが花開く瞬間のような劇的な印象さえ受けます。

 優雅な曲線以上にこの作品を特徴付けている点、それはその大きさといえるでしょう。クレイジーピッグの名作スカルリング『ラージイーヴルスカルリング』と並べてもこの大きさ!

これだけの大きさになると僅かな厚みの違いで重量が大きく変わります。そのため厚みは意図的に抑えられています。大ぶりなクロスというと相当な厚みも期待してしまいますが、着用時の快適さを考慮すると、これは賢明な判断といえそうです。

クロスの裏はフラットで、手書きのような味わいある「Crazy Pig Designs」の文字が刻まれます。ペンダントの裏に凝った装飾がある場合、服の生地を傷めてしまう場合がありますが、このようなシンプルな裏面なら安心して着用できそうです。

注記:
上記のペンダントは中央に石がセットされた特注品ですが、通常の商品は下記の画像のような小さなクロスのデザインです。ご注文時にはご注意くださいませ。

『X Large Classic Cross penndant』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > PENDANTS > CROSSES をご参照ください。

Tuesday, August 29, 2017

アーマンド・セラ、若き日のステージ!

クレイジーピッグのアーマンド・セラ渾身の一冊『GUITAR EXP』の公式 Facebook にて貴重な写真が公開されましたので紹介したいと思います。

若き日(というよりは少年時代)のアーマンド・セラがステージでギターをプレイする写真です。
初めて手に入れたエレクトリック・ギター CBS MASTERWORK でアーマンドが最初に購入したシングル版、ブラック・サバスの『PARANOID』をプレイしているところだそうです。
Photo credit:
MAD BRAIN live at Club 2000, LE BULC. Castres Tarn . France.

アーマンド・セラがはじめて購入したシングル・レコード、今となっては超貴重なものではないでしょうか。

こうしてアーマンド・セラの貴重な写真をみていると、彼が最初に作ったというスカルリングの写真も是非見てみたいところです。
もし見ることができたら皆様にも紹介したいと思います。(あまり期待せず気長にお待ちいただけたら幸いです…)

Friday, August 25, 2017

魔法使いの水晶玉に映るものは…

クレイジーピッグのアーマンド・セラは少年時代、コミックスタイルのイラストを描くことが大好きだったそうです。
アメリカのファンタジーアート界の巨匠、故フランク・フラゼッタ氏のファンだったそうで、氏のようなファンタジー調のイラストも多く描いてきたようです。

そんなファンタジーの世界から抜け出してきたような魔法使いを巧みにアレンジした指輪が『ウィザードストーンリング』です。
(正確な色は分かりませんが)白髪白髭の老魔法使いが両手に水晶を持ち何かを語りかける劇的な瞬間を捉えた、見る者の想像力をかきたてるようなデザインです。

水晶玉に見立てた石は、ガーネットやオニキス、アメシスト、オパールなど様々な選択肢があります。(写真の石はムーンストーン)ご自身が想像する、水晶玉に浮かぶ光景に近いような色合いの石を選んでみるのも面白そうです。

 帽子は K9 イエローゴールド、星にはダイヤモンド、石はスター効果のあるピンククオーツをセットした豪華なビスポーク作品

『Wizard Stone Ring』は クレイジーピッグ公式オンラインストア にて通信販売を承っております。
詳細は ONLINE STORE > Rings Stones をご参照ください。

Monday, August 21, 2017

クレイジーピッグのもう一つのマスコット その2

クレイジーピッグのもう一つのマスコットであるカウスカル、今回は『Small Cow Skull ring』の紹介です。
デザインコンセプトは 先日の記事 で紹介した『Large Cow Skull ring』と同様で、サイドに配された羽根の飾りからはネイティヴアメリカンインディアンの香りが漂います。

シンプルで細めのリング本体、カウスカルの控えめなボリュームは、指が細めの方や女性の皆様にもストレスなく着用いただけそうです。

アーマンド・セラの仕事は、小さくてもその精巧さや角の力強さが損なわれることはありません。それどころかこの小ささが作品の魅力を凝縮しているようにさえ思えます。

兄貴分ともいえるラージとの一枚、半分程度の大きさであることが分かります。大切な人とお揃いで着用するにはうってつけのリングといえそうです。

現在、『Small Cow Skull ring』は クレイジーピッグ公式オンラインストア には掲載されておらず、ご購入をご希望のお客様は 日本語問合せ窓口 までご連絡ください。

Wednesday, August 16, 2017

クレイジーピッグのマスコット(?)リング

クレイジーピッグのマスコットといえばシルクハットのゴメスですが、実はコヴェント・ガーデンの店舗にはもう一つのマスコットといえるものが存在します。

それは牛の頭骨、カウスカルです。
25年前の開店以来、店内奥の壁と入口のディスプレイウィンドウに飾られ、クレイジーピッグに来店された皆様をお迎えしてきました。

そんなカウスカルをリングにしたのが『Large Cow Skull ring』です。
まずは正面、幅の広い鼻先から水牛に近い種のように見受けられます。牛のアイコンともいえる逞しい角は着用時にできるだけ邪魔にならぬよう、前方にはせり出しておらず、ワイドに上方に向かって伸びています。

横から見ると、この作品の隠れた主役ともいえる羽飾りが現れます。着用時に邪魔にならぬよう、敢えて控えめな彫りにしたことでコインの装飾のような味わい味わい深さが出ており、ネイティヴアメリカンインディアンジュエリーのような雰囲気も感じられます。

アーマンド・セラのキャリア最初期のデザインの一つであるこの作品は、若き日のアーマンド・セラの想像への渇望が感じされるような荒々しさが魅力的です。

詳細はあらためて紹介したいと思いますが、この作品にはスモールも存在しますので、大切な人とお揃いで着用することも可能です。

『Large Cow Skull ring』は クレイジーピッグ公式オンラインストア には掲載されておりませんので、購入をご希望のお客様は 日本語問合せ窓口 までご連絡ください。

Friday, August 11, 2017

アーマンド・セラ、少年時代の思い出を語る!

クレイジーピッグのアーマンド・セラが少年時代のギター・メモリーを語りました。
--------------------------------------------------
私が人生で最初に弾いてみたギターは友人から借りたものでした。
つまりは当たり前のことですが返却しなければなりません。
ここが、私が自分のギターを持ちたいと思う出発点だったといえるでしょう。

私の故郷の楽器屋では、フルート、ハーモニカ、楽譜にビギナー用のクラシックギターくらいしか売っていませんでした。
しかしある日、ディスプレイウィンドウにそれは置かれていました。
そう、エレクトリックギターです。
それはなんとなくギブソンの 355 に似せたもので ”MASTERWORK” というロゴがあるものでした。

これが本物のエレクトリックギターを間近で見た最初の瞬間でした。
私は走って家に帰ると、父にギターを買って欲しいとねだりました。
価格はたったの25ポンドでしたが、父の答は「ノー」でした。
どうやら父はエレクトリックギターやロック・ミュージック、長髪には賛同できなかったようです。
私はあのギターを手にする唯一の方法は、そのお金を自分で稼ぐことという結論に達しました。

私は近所のイタリアン・レストラン “La Piazetta” に行くとアルバイトさせて欲しいと直訴し、いくらかのフラン(ユーロになる前のフランスの通貨)のために皿洗いやジャガイモの皮剥きをやりました。
こうして MASTERWORK のギターを購入しました。
私はこのギターのために働き、ついに自分のものにしたのです。

その時の CBS MASTERWORK ギター:

現在所有している MASTERWORK:

より詳細なストーリーは、アーマンド・セラ著『GUITAR EXP』をご参照ください。
クレイジーピッグ公式オンラインストア でもご購入いただけます。
詳細は ONLINE STORE > APPAREL > MUSIC をご参照ください。

Tuesday, August 8, 2017

8月の誕生石ペリドット - 夜に輝く宝石

8月の誕生石ペリドットの特徴は、暑いこの時期に良く冷えたハーブティーのような爽やかさと涼やかさを感じさせてくれる、明るい緑色です。

かつては、暗がりでもよく輝くことから「夜のエメラルド」などという風情のある呼ばれ方もされていたそうです。

クレイジーピッグでは、8月生まれのお客様や明るい緑色がお好きなお客様からの特別注文が多い宝石です。
一点のみ制作されたビスポーク・リングは異なる輝きを放つ鏡面と荒らした地金のリングに矩形と円形のペリドットをセット、クレイジーピッグのジュエラーとしての実力の一端を垣間見ることのできる作品

ペリドットをセットした『ライヴスカルリング』地下工房の熟練職人による完璧なセッティングを施されたペリドットと手作業で荒らしたスカルのランダムな輝きが美しい作品

ペリドットを使用したリングやペンダントなどのストーン・シリーズの製作をご希望のお客様は 、クレイジーピッグ公式オンラインストア日本語問い合わせ先 までご相談ください。(その際はご希望のデザイン名をお知らせください)

Friday, August 4, 2017

愛らしくも毒々しい『エル・ムエルト・メキシカンスカルリング』

メキシコの「死者の日」の象徴ともいえる、花やペイントで装飾されたスカル、この愛らしくもどこか毒々しさのあるメキシカンスカルがモチーフの『エル・ムエルト・メキシカンスカルリング』はアーマンド・セラらしい緻密な細工でロンドンでも非常に人気のある作品です。

その『エル・ムエルト・メキシカンスカルリング』がクレイジーピッグの高度な技術によりカスタマイズされた特別注文品の写真が届きました。

スカルはブラックロジウム、クロスなどスカルの装飾はゴールドのメッキ、目にはロンドンブルートパーズをセットしました。
 ブラックの地にゴールドという色合いは燻したシルバーよりも強烈なコントラストで、クロスや小スカル、花柄などの装飾が際立ちます。
側頭部の花びらもこの色合いで、より美しく広がります。
目にセットされたロンドンブルートパーズは、通常のブルートパーズよりも深く濃い色合いです。

コヴェント・ガーデンの店舗内の地下工房で熟練職人が仕上げるからこそ、モチーフの特色を最大限に活かしたカスタマイズが可能なところはクレイジーピッグの強みといえるでしょう。
その強みが非常に良く分かる仕上がりではないでしょうか?

Tuesday, August 1, 2017

『バロン・サムディ・リング』- Words from Armand Serra

アーマンド・セラが斬新なアイディアの新作『バロン・サムディ・リング』の制作について語りました!

--------------------------------------------------
この作品はいくつかの理由で一筋縄ではいかないものでした。
最初の理由は、この作品が人物の顔であるということです。
鉛筆やインク、ペイントによる二次元の肖像画、これ自体が容易な作業ではありませんが、シルバーでの三次元での表現は更に別次元のタスクです。
大前提としてこの作品はアフリカ系の人物に見えなければなりません。
しかし、ただのアフリカ系の人物ではなく、バロン・サムディを演じたジェフリー・ホールダー氏に似ていなければなりません。

シルクハットをかぶせてやれば見た目にも分かりやすく制作も楽だったと思いますが、敢えてそのトレードマークである帽子なしでバロン・サムディを彫ることにしました。
一つ目の課題を克服したら、次の課題はバロン・サムディの顔に施された白いペイントです。
白い部分はエナメル加工を施すことにしました。
エナメル加工する領域はエナメルを定着させるため数ミリの深さが必要なので、完成した顔を思い切って抉ります。
抉った部分に白いエナメルを施したら、元の顔の形を取り戻すべくエナメルを削って調整します。
--------------------------------------------------

平面や円筒面であればエナメル加工した後に表面を整えるのはさほど難しい作業ではありません。
しかし、人物の顔に施されたペイントを表現するためのエナメルとなると、これは仕上げ職人のセンスが問われる緊迫感のある作業になりそうです。
また、いったん完璧に制作した顔の原型をエナメル加工のため抉る、というのも勇気の要る作業です。
40年に届こうかというキャリアを持つアーマンド・セラ、その進化はとどまることを知らないようです。

*この作品は、特別注文によるスペシャルメイドの一点物のため、通常の商品としては販売しないそうです。