Monday, December 26, 2016

2016年下半期のクレイジーピッグ新作

2016年もあと一週間となりました。
今年の下半期もアーマンド・セラによるクレイジーピッグの新作が数点発表されましたので、この機会におさらいしてみたいと思います。

Little Wing Setting ring:

チューダー調の装飾にかわいらしい小さな翼がついたストーンリングはデザイン・ナンバー「1111」!!
控えめなボリュームですが立体感があり、いぶしが効きそうなデザインです。
待望の新作、その番号は1111

Bat Wings Stone ring:

最初期のデザインの一つが復活しました。
シンボライズされたコウモリの翼がモチーフ、黒が似合うリングです。
石の大きさはかなりのものです。
『Bat Wings Stone ring』 - 黒が良く似合う

Small Eagle Head ring:

こちらも多くのご要望にお応えして復活しました。
ラージもありますので、大切な人とおそろいで着用してはいかがでしょうか。
復活!!『Small Eagle Head ring』

Crazy Pig Designs 新プロモーションビデオ:

アーマンド・セラの友人であるフランス人フォトグラファー、ニコラ・セネガス氏とのコラボレーションによる最高にクールな動画!
BGM のギターはアーマンドがプレイしています。
SUPER COOL!!!! Crazy Pig Designs PV

その他、新作ではありませんが、メッキやエナメルを活用した新しいアイディアが提示されました。
フェイス・リングの新たな可能性 』

Pharaoh's Head ring:

イエローゴールドのメッキにエナメルのアクセントが効いています。
初めて見る方は指輪とは分からないのではないでしょうか…

Batman ring:

ブラックロジウムメッキと地のシルバーの鮮烈なコントラストがクールです。

新作の数は決して多くありませんでしたが、メッキやエナメルの新たな表現方法や PV などアーマンド・セラの創作意欲は衰えを知りません。
2017年もビッグ・ニュースがあるとかないとか…情報が更新され次第、お知らせいたします!

Friday, December 23, 2016

ターコイズ - 晴れ渡った冬の空の色

晴れ渡った空の色が美しい12月生まれの皆様、お誕生日おめでとうございます!
12月の誕生石の一つターコイズ、ソリッドで艶のある水色は晴れ渡った冬の日の空のような色の美しい石です。

ネイティヴ・アメリカン・インディアンのジュエリーでも使用されることの多いこの石は、クレイジーピッグの数多いデザインの中でも、フェザーや矢じりなどとの相性が良く、水や空の色でありながら、大地のような温かみも感じさせてくれます。
コヴェント・ガーデンの店舗内のキャビネット
相性の良さを考慮してか、木製の段に並べられており、より温かみを感じさせてくれます。
キャビネットに並べられている石の中でも特に大ぶりなリング三つ
どれも着用には覚悟の要るボリュームですが、大ぶりなターコイズの魅力が存分に引き出されています。

ターコイズは高度が低く、熱や油脂にもあまり強くないデリケートな石です。
落としたり硬いものと擦り合わせるようなことのないよう、ご注意ください。

ターコイズを用いたリングやブレスレット、ペンダントなどは Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。

詳細は下記をご参照ください。

Wednesday, December 21, 2016

年末年始の営業についてお知らせ

お客様 各位

平素は Crazy Pig Designs 製品のご愛顧を賜りまことにありがとうございます。
コヴェント・ガーデンのクレイジーピッグ店舗の営業日について下記の通りお知らせいたします。

12月23日(金) 通常営業(10:30~18:30)
12月24日(土) 16:00 まで営業
12月25日(日)~1月2日(月) 休業
1月3日(火) 通常営業(10:30-18:30)

休業期間中もオンラインストアでのご注文は可能ですが、出荷については店舗と同様に休業です。
お問い合わせにつきましては可能な限り対応いたしますが、返信に多少の遅れが生じる場合もございますことあらかじめご了承ください。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

Monday, December 19, 2016

2016 年のクリスマスがやってきます!

年末、イルミネーションに彩られた美しいロンドンの通りを歩いてると、クリスマスがやってくると実感します。

それ以上に、アーマンド・セラの奥方であるジャネットの采配で美しく飾られたクレイジーピッグのディスプレイウィンドウを眺めていると、今年のクリスマスは一体どんな豪華なスペシャル・オーダーがやって来たのだろうか?と興味をそそられます。

今年の超豪華ジュエリーについては、まだ写真などは届いておりませんが、入手したらこちらで紹介したいと思います。
これまで製作されてきた至高のロック・ジュエリー、どれも他に類を見ないデザイン性と完成度の高さです。

今年のクレイジーピッグのディスプレイ・ウィンドウ、今年は霜が降りたようなスプレーで、より繊細な美しさとなりました。

皆様も機会がありましたら、是非クリスマス・シーズンにロンドンのクレイジーピッグ店舗にお越しください!


Tuesday, December 13, 2016

1964年12月13日、伝説が生まれた日…

今日は、つぼみから花となって理想を吐き出すことができているか、自分に問いかけてみたいと思います… 

Monday, December 12, 2016

フェイス・リングの新たな可能性

アーマンド・セラが、またまた面白いアイディアを思いつきました。
既存の名作にメッキやエナメルを駆使した表現方法で新たな可能性を吹き込みました。

『バットマン・リング』
マスク部分にブラック・ロジウムメッキを施しました。シャープなフォルムが特徴のリングですが、漆黒の部位が追加されたことでより引き締まった印象になりました。ブラックとの対比が鮮明となり、意志の強さを感じさせるような口元もより強い印象を与えます。

『ファラオズ・ヘッド・リング』
イエローゴールドのメッキにエナメルでアクセントを与えました。実物もこのように神々しく輝いていたことでしょう。

立体感のある横顔、知らない人がみたら、まさか指輪とは思わないかもしれません…この作品の完成度の高さについては過去の記事「メタリカの『Creeping Death』を聴いていたら…」 をご参照ください。

『バットマン・リング』と『ファラオズ・ヘッド・リング』のレギュラー版は Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > RINGS > FACES をご参照ください。

Friday, December 9, 2016

『Bat Wings Stone ring』 - 黒が良く似合う

休眠中だった名デザイン『Bat Wings Stone ring』がお目覚めです!
このところストーンリングのリリースが続いておりますが、クレイジーピッグの魅力はスカルリングだけではないことを皆様にお伝えしたい私にとっては嬉しいニュースです。

お客様のご要望によりハロウィン限定で復活させたそうですが、とても好評だったため、そのままレギュラー・アイテムとして定着しました。
その名の通り、リングの両サイドにはシンボライズされたコウモリの翼が彫り込まれ、中央にはブラック・エナメルが施されています。


石は 25 x 18(mm) と非常に大きく、シンプルなデザインのリングが石の大きさをより強調します。
『ノスフェラトゥ・リング』と並べてみると、如何にこのリングの石が大きいか、よく分かります。

コウモリ・モチーフ、ブラックエナメル処理といった「黒」のイメージから、漆黒のオニキスが非常に合う作品のように思います。
もちろん、ご要望に応じて様々な石で製作可能ですが、非常に大きな石を使用するため、石の種類によってはご用意に時間がかかったり、石の個体により価格が大きく変動する場合があります。
オンラインストアのメニューにリストされる以外の石をご希望の方は 日本語問い合わせ窓口 までご相談ください。


『Bat Wings Stone ring 』は Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は下記をご参照ください。
 - ONLINE STORE > NEW
 - ONLINE STORE > FROM THE VAULT
 - ONLINE STORE > RINGS > STONES

Tuesday, December 6, 2016

復活!!『Small Eagle Head ring』

多くの皆様のご要望にお応えして、人気のデザインが帰ってきました!

ネイティヴ・アメリカンなテイストが漂う『Small Eagle Head ring』です。
この作品にはラージも存在しますが、大切な人とお揃いで着用したいとのご要望があり、スモールが復活しました。

基本的なデザインはラージと同様、シンボライズされた鷲は鏡面の多いアレンジで、地金の輝きをダイレクトに感じることができるデザインです。


スモールが手前にある所為で、大きさの比違いが分かりにくいですが、ラージが全長約 40mm、スモールが約 30mm で一回り小さくなっています。
小さくとも目の輝きや凶器ともいえるクチバシの鋭さはラージと遜色がないどころか、小さい分むしろそれらが凝縮されているとさえいえます。

*ラージについては過去の記事『Large Eagle Head リング - ネイティヴ・アメリカン・インディアンの香り漂う』をご参照ください。

『Small Eagle Head ring』は Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。

詳細は下記をご参照ください。
 - ONLINE STORE > NEW
 - ONLINE STORE > FROM THE VAULT
 - ONLINE STORE > RINGS > ANIMALS

Sunday, December 4, 2016

SUPER COOL!!!! Crazy Pig Designs PV

クレイジーピッグの新プロモーションビデオが公開されました!!

www.youtube.com/watch?v=ynld542DRnU
クレイジーピッグのオーナーでありデザイナーであるアーマンド・セラと耽美的で印象的な作品を生み出すフォトグラファーのニコラ・セネガス氏のコラボレーションによるこの動画は最高にクールです!!!

アーマンド・セラが伝説な名作スカルジュエリーを生み出してきた作業台、足を踏み入れた者は殆どいない地下のスタジオ、シルバーを溶解して型に流し込む鋳造の場面など、貴重なシーン満載です。
そしてBGM にはアーマンドがプレイする野太いギターの音が響き渡ります。


クレイジーピッグのすべてを生み出す、アーマンド・セラ



これは貴重!アーマンド・セラの作業場、ここから伝説的な名作の数々が生み出されてきました…


クレイジーピッグの強みの一つは、自前の鋳造施設を保有していることです。「超」ベテラン職人リチャードさんが汗まみれになりながら作業します。

もう一つの強み、それは店内に工房があり、そこには熟練職人たちが常駐していることです。クレイジーピッグのジュエリーはここで仕上げられ、皆様に届けられます。

これも超貴重!アーマンドの秘密基地、自宅の地下にあるスタジオです。超貴重なヴィンテージ・ギターがずらりと並ぶこのスタジオでサードアルバム制作中です!

Crazy Pig Designs - ロックとエレガントが融合した稀有なジュエリー、これからもアーマンド・セラによる素晴らしい作品が生み出されることでしょう…

Thursday, December 1, 2016

待望の新作、その番号は1111

クレイジーピッグ待望の新作情報です!
今回はチューダー調の装飾にかわいらしい小さな翼を配し、円形の石をセットした『Little Wing Setting ring』です。
非常に立体感のあるつくりが円形の石と調和し、深い彫りがシルバーのいぶしの魅力を最大限に引き出してくれそうです。

大きすぎず、かといって貧弱ではない絶妙なボリュームは、存在感のあるリングがお好みのレディにぴったりかもしれません。
円形の石を使用した指輪のデザインは、楕円形の石よりも指をスマートに見せにくいこともあるように思いますが、そこはアーマンド・セラ、考え抜かれた絶妙なバランスが指をより美しく見せてくれます。

この作品のデザインナンバーは「1111」、ずいぶん気の早い話ですが、「2222」がやってくる日が待ちきれません…

『Little Wing Setting ring』は Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は下記をご参照ください。
 - ONLINE STORE > NEW
 - ONLINE STORE > RINGS > STONES

Monday, November 28, 2016

豪華絢爛、魅惑のキャビネット

コヴェント・ガーデンで店番をして様々なお客様にお会いしたりご要望をお伺いしていると、クレイジーピッグは一流の宝飾店として認識されていることを実感します。

長い年月を感じさせる扉を開け入店すると、左側に大きなキャビネットが並び、オパール、アメジスト、ガーネット、トパーズ、ターコイズ、オニキス、ヘマタイト、ラブラドライトなどのストーンシリーズがずらりと並び、一気に特別な空間に引き込まれるのを感じます。

そして一番奥のキャビネットにはゴールドやプラチナ、ダイヤモンド、ルビー、サファイア、エメラルドなど、豪華で特別なジュエリーが特別な輝きを放っています。
まさに至高のハイ・ジュエリーの世界がそこに在ります。

プラチナ製『スカラベ・リング』
ホワイト&ブラックダイヤモンドをセット

色濃く透明度の高いアメジストのペンダントとバングル、そしてペリドットをセットしたビスポーク・リング

プラチナにダイヤモンドやルビーをセットした至高のジュエリー

おそらくは一点ものの神秘的な色合いの石をセットしたゴールドのリング

ピンク・トルマリンをセットしたチューダー様式の装飾を施したリング

高級宝飾店、と聞くとどこか敷居が高く入店を躊躇してしまいそうですが、クレイジーピッグは明るく清潔な店内で、お気軽にお立ち寄りいただけます。
英国・ロンドンにお越しの際はぜひお越しください!

今回紹介したビスポーク・ジュエリーはオンラインストアでは販売しておりませんので、ご購入をご希望のお客様は下記をご参照いただきお問い合わせくださいませ。

Friday, November 25, 2016

クレイジーピッグのデザイン - スカルだけではないのです…

アーマンド・セラがデザインするクレイジーピッグのジュエリーというと、まずはスカルリングが思い浮かべ、そのようなイメージを持ってロンドンの店舗に足を踏み入れ、キャビネットに並べられた、バラエティに富んだデザインの数々に驚かれた方は少なくないように思います。

今回はそんな”非スカル”ジュエリーの中でも代表的なものを紹介します。


イエローゴールドにルビーをちりばめた『トゥルーラヴ・リング』
店内奥のキャビネットはゴールドやプラチナ、ダイヤモンドやルビー、サファイア、エメラルドなどを用いた豪華ジュエリーが並びます。
いつかは手にしてみたい、夢のジュエリーがここに・・・

色とりどりのオパールのコーナー
透明感のあるオパールだけでなく、ソリッドで荒々しい雰囲気の母岩付きオパール(ボルダー・オパール)もあります。

ゴシック調の美しくも豪華なロザリー・クロス・ネックレスの数々
長さやパーツが異なったり、ブラックロジウム仕上げ、ゴールド・パーツありなど、様々な組み合わせが並びます。

もちろん繊細なアイテムだけでなく、大振りで大胆なアイテムも
スパイン・リンク・ブレスレット各種や半端な覚悟では着用できそうにない極太ブレスレットが存在感を放ちます。

ハンドカフ・ブレスレット、ラージ&スモール
クラシックなロックが薫るブレスレット、いつかミディアムは出るのでしょうか…

この他にも、カフリンクスなど紳士が日常的に使用できるアイテムも多数用意されています。
スカルリングはアーマンド・セラの数え切れないデザインの中で、実は 10% 程度を占めるにすぎません。
誰にも指図されず、自分の作りたいものだけを作り続けるアーマンド・セラ、これからもどのような名作でデザインを生み出すか、楽しみです。

といいつつも、新作スカルリングまだかな、と思ってしまいます…

Wednesday, November 23, 2016

『GUITAR EXP』 - そのタイトルの由来は?

クレイジーピッグのアーマンド・セラがヴィンテージ・ギター・コレクターとして、スカルリング作りよりも(?)情熱を注ぎこんだ究極のギター・ブック『GUITAR EXP』、そのタイトルの由来について紹介したいと思います。


EXP:
ジミ・ヘンドリックスの「EXP」に敬意を表して。今日まで、ジミに近しいギタリストはいませんでしたが、それも過去の話かもしれません。この本では、ジミに関する極めてレアなアイテムの数々が初めてフィーチャーされています。

Explorer:
1958年製ギブソン「エクスプローラー(Explorer)」に関連して。恐らくは、この世界で最も探し求められているソリッド・ボディのギターです。あるいはレアなヴィンテージ・ギターの「探求(Exploration)」ともいえるでしょう。

Experience:
人生におけるギターの「体験(Experience)」

Expert/Expertise:
昨今、ヴィンテージ・ギターを購入するには「エキスパート(Expert)」である必要があります。ご自身がそうでなければ「専門知識(Expertise)」を持つ人(売り手側の者でない)の助けが必要となるでしょう。

Expedition:
この本に収録されているギターやアンプを探し求めたことは、まさに「探索行(Expedition)」でした。大きな実りのあった時、時間の無駄に終わった時もありました。

Explained:
GUITAR EXP は収録されている各ギターにまつわるストーリー、これまでの履歴、どのように入手したかなど、詳細が「説明(Explained)」されています。

Expensive:
ああ、そうですね、私のギターに対する情熱は高価(Expensive)だったといえるでしょう…

Exponential/Expand:
まずは一本のギターから始まり、そして夢中になったら次から次へとコレクションを「拡張(Exponential/Expand)」したくなるものです。

Expressive:
ギター、そして音楽は自身を「表現(Expressive)」する偉大な手段です。

Exposed/Explicit:
超レアなギターの無数の写真を「惜しげもなくお見せ(Exposed/Explicit)」します。

Expectation:
最もレアで最高の本になることを「期待(Expectation)」しました。

『GUITAR EXP “The ultimate collection”』は、アーマンド・セラの40年にわたるギターコレクションの集大成です。あなたがギター、偉大なギタリスト達、ロックのメモラビリア、ロック史上で重要な機器の数々をお好きでしたら、この本は期待を裏切ることはありません。
*序文はビリー・ギボンズ氏とリック・ニールセン氏が寄稿

アーマンド・セラの情熱の結晶『GUITAR EXP』のご購入方法日本語版は下記をご参照ください。
http://crazypigdesignsjapan.blogspot.jp/2016/03/guitar-exp_15.html

本記事は GUITAR EXP 公式 Facebook の翻訳です。

Sunday, November 20, 2016

Crazy Zoo Designs - クレイジーでクールな動物園

クレイジーピッグのアーマンド・セラの得意なモチーフの一つが動物です。
それぞれの動物のちょっとした特徴を上手く捉えた表現は、時に本物の動物を超えるような魅力を備えてさえいます。

今回はそんなアニマルシリーズの中でも特に野性味溢れる猛々しい作品を集めてみました。
人差し指から『Gorilla ring』、『Bear Head ring』、『Rhinoceros ring』、シャングルの王者、北の王者、草原の王者が勢揃い、まさに野生の王国!


剥きだされた目と歯、広がった鼻孔、せり上がった額など、ゴリラの咆哮という緊張の一瞬を捉えています。


 赤いシャツを着た黄色いクマさんのおかげでかわいい動物と世界中で誤解されていますが、高い知能と腕力を併せ持つ北の王者クマ、ある日、森の中で出会ってしまったら、それが最後でしょう…

草原の重戦車サイ、普段は優しい力持ちですが、ひとたびスイッチが入れば地獄の暴走列車さながら、その突進はあらゆるものを弾き飛ばします。
小さな目と耳のかわいらしさはそのままに、最大の特徴である長い角がそそり立ちます。

こうしてアーマンド・セラのアニマル・シリーズを見ていると、良いジュエリーを生み出すには、イメージを形にする技術はもちろんのこと、”特徴を捉える観察眼”が非常に大切なんだと思います。

これらのアニマル・リングは Crazy Pig Designs 公式オンラインストア にて通信販売を承ります。
詳細は ONLINE STORE > RINGS > ANIMALS をご参照ください。

ロンドンで店番をしていたら…

コヴェント・ガーデンのクレイジーピッグ店舗には、映画、音楽、演劇など様々な業界のトップスターたちが”ふらり”とやってくることがあります。

私がロンドンに滞在する時は一日の大半を地下工房で過ごすので、これまでそのような方々にお目にかかる機会はありませんでした。
そのため店番をしていても、そのようなスター達が来店するなど想像もしていなかったのですが、今回はとびきりのスターが来店されました。

バックチェリーのギタリスト、スティーヴィー・ディー氏とドラマーのザヴィエル・ムリエル氏です。
薬指に輝くのは『シグネット・フルール・ド・リス・リング』でしょうか?

お二人とも帽子で髪が隠れていたのと、まさか彼らのようなスターが来店されるとは想像もしておらず、私は「普通ではない雰囲気を持つ人たちだな…」と思いつつも、後日 Crazy Pig Designs 公式 Instagram に掲載されるまで気づきませんでした。
そのくらい、彼らは大物ぶるようなところなど皆無で、とてもフレンドリーだったのです。

時間にして30分くらいでしょうか、アーマンド・セラによるジュエリーをあれこれ楽しそうにご覧になって帰っていかれました。
「おぉ、このリングもクールだな!」「いや、こっちも相当クールだぜ!」といった感じで、まさに良き仲間といった感じでした。

彼らのようなスターが夢中になってジュエリー選びをできるクレイジーピッグは素敵な店だな、とあらためて思いました。

Friday, November 18, 2016

もうすぐクリスマス!

愛する人へのクリスマスの贈り物をお探しですか?
クレイジーピッグは、大切な人への贈り物を探すのに最適な場所です!

2016 年クリスマス仕様のクレイジーピッグのディスプレイ・ウィンドウは、二日がかりで飾り付けしました。

ロンドンの中心にある店内の地下工房で熟練職人の手作業により仕上げられる 1000 を超えるデザインは、いずれも素晴らしい贈り物となるでしょう。

この時期はプラチナやゴールド、ダイヤモンドやルビー、サファイア、エメラルドなどを用いた豪華なビスポークジュエリーも人気です。
複雑なデザイン、難しい石留めなどのご注文に、地下工房の熟練ジュエラー達の職人魂が燃え上がります。

旧デザインのビスポーク・ネックレス
スペシャルなジュエリーケースに入ります。

クリスマス直前になると店内が大変込み合い、ご注文も殺到します。
贈り物をゆっくりと納得いくまでお選びになりたいお客様には早めのご来店をお勧めいたします。

クレイジーピッグのジュエリーは少数精鋭の職人達によるハンドメイド品ですので、ご注文が集中すると一時的に品切れになるものも出てきます。
狙っていたアイテムをクリスマスに手にできなかった、などということの無いよう、ご来店はお早めに!

ご注文は Crazy Pig Designs 公式オンラインストア でもお受けしております。

本記事は Crazy Pig Designs 公式 Facebook の翻訳です。